iTunesカードとスマホアプリ

  私は普段からスマホでソーシャルゲームをプレイしています。基本プレイは無料でお金を払うことなくゲームを永続的にプレイする事ができます。ですがそんなソーシャルゲームの中には、ゲーム内課金をする事でゲームを優位に進められるものが多く存在します。また、スマホのゲームアプリには無料のソーシャルゲームだけではなくお金を払いダウンロードする有料アプリもあります。iphoneのユーザーだった私はその課金の選択肢として、コンビニでiTunesカードを買う、ということをしました。
  私が初めて買ったiTunesカードは最低金額の1500円分でした。また、iTunesカードは1500〜50000円の間で金額を入力して購入する事が出来ます。購入したカードは裏に印字されたカード番号を入力する事であっという間に入金する事が出来ました。また、この時カメラを使ってコードを読み込むこともできるのでとても便利です。
  iTunesカードはゲームアプリの課金の他にもiTunesストアにて音楽を購入する、といったこともできます。普段から音楽を聴いている私はその為にもiTunesカードを購入しました。
  また、iTunesカードはこれらの他にも多くの使い道があります。コミュニケーションアプリ「LINE」では有料のスタンプや着せ替えなどが多くあります。これらはiTunesカードでスマホ内に入れたキャッシュから「LINEポイント」というアプリ内の通貨を購入する事でこれらの有料スタンプなどが購入できます。私もこの「LINE」のユーザーでこれらのサービスを利用しています。私の周りの友人などもこれらの方法を利用している人が多くいます。
  iTunesカードはコンビニに必ずと言っていいほど置かれており、その必要性を伺い知る事が出来ます。また、iOSの有料アプリを購入するほぼ唯一の選択肢なので利用するiphoneユーザーも多いのではないでしょうか。日本はiphoneのユーザーが非常に多い国なのでiTunesカードが日本人の生活に深く根付いているのもよく理解できます。私や私以外のiphoneユーザーはこの先もiTunesカードを多く利用していくことでしょう。